宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156のご購入はNUNOいろはへ。代金引換対応!

重ねて絵が見える新感覚のガーゼハンカチ

宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156

お問い合わせ番号NNO059009

JAN:4905736251565

宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156

 

  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示光にかざした時
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<両面絵柄ガーゼハンカチ>EAWASE(えあわせ)夢みる楽器(ゆめみるがっき) 25156
  • 拡大表示サイズ

光に透かして見るとあら不思議。表と裏の絵があわさって1つのストーリーになります。ちょっと大きめガーゼハンカチはプレゼントにもぴったり!

一度は弾いてみたいあの楽器。ピアノにヴァイオリン、アコーディオン。森の動物たちの夢みるコンサート。

代引対応商品

販売価格:\972税込

ご注文数

製品仕様
サイズ  : 330mm×330mm
素材   : はなガーゼ
備考   : 日本製、メロー縫製、注染

この商品について問い合わせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品特長を表示

EAWASE - えあわせ - 注染ハンカチの特長

  • 気分を楽しくさせるリバーシブルハンカチ。表裏が違う柄で楽しさも2倍。

    注染(板場)
    • ハンカチだって気分に合わせてコーディネートしたい。そんな想いを形にしたリバーシブルハンカチ。ストーリ仕立てのEAWASEハンカチは、その日の気分に合わせてお楽しみいただけます。
  • 使い込むほどに柔らかく優しく馴染むふんわりやさしい「はなガーゼ」。しっとりと肌を包むガーゼ生地です。

    注染(板場)
    • 毎日使うものだから、「はな」というガーゼ生地を使用しています。「はな」というガーゼ生地は、細い糸を薄く柔らかく織り上げているため、吸水性が高く、乾きの早さも魅力の1つ。きめ細かに織られているから、ふんわり、しっとりと、優しく肌をつつみこみます。ご自宅用としてはもちろん、プレゼントとしても最適です。
  • 職人の技術とこだわりの伝統技法を使った一枚一枚手染めで、綿本来のやわらかさ。

    注染(板場)
    • EAWASEハンカチは注染(ちゅうせん)という伝統技法の染めを用いて染められています。糸自体を染めるので、プリントと違って生地本来の柔らかさを味わうことができます。
  • 透かしてあわさって、1つのストーリー。新しい感覚のハンカチはちょっと自慢。

    注染(板場)
    • 表は木で見立てた楽器を弾く動物の柄。裏はいろんな楽器の柄。透けることで、動物たちがまるで楽器を弾いているかのよう。透かして合わさることで、1つのストーリーが生まれます。今までにない新しいハンカチは、新生活や何か新しい事を始める時のお供にいかがでしょうか。

商品特長を表示

手拭いの使い方手拭いの使い方

注染・和晒とは

注染、和晒とは

注染は、特殊な糊で防染した生地に染料を注ぎ込み、模様部分にだけ必要な色染めをする型染めです。 伝統的な技術に基づいて、手加工で手ぬぐい・ゆかた・ふきん等の製品が生産されています。片方しか色がのらないプリントと違って糸自体を染めるので、表裏がないのが最大の特徴です。一度に複数の色を染められ、色と色が混じりあう独特の色合い、絶妙なタッチや立体感が表現できるのも特徴のひとつです。 和晒とは、元々は綿布を灰汁で煮沸し、白で不純物を除去し、水洗い・天日干しを繰り返して漂白する染色前の工程のことをいいます。

注染は手作業中心で、気温や湿度、一瞬のタイミングに仕上がりが左右されやすく、にじみやムラ等が出やすい技法です。注染特有の味わいとしてお楽しみください。

注染の歴史

注染の歴史

明治時代(1868〜1911年)を迎えると、人工染料の輸入が盛んになり、手拭染めも一色染めから多色染めに移行し、図柄も次第に複雑化され、糊料(こりょう)の改良や伊勢形紙が使用されるようになりました。大正後半から昭和初期(1923〜1940年)にかけて、旧来の染料を浸透させる方式から、電動コンプレッサーを利用した染料の吸入方式が開発され、手拭全面(約90cm)にわたる大柄が簡単に染められるようになりました。

染色工程

  • 1)型置(板場 - いたば -)

    注染(板場)
    • 晒上りの生地を糊付台の上に敷き、伊勢形式を謄写版のように生地の上にのせて、上からヘラで防染糊をつけ、一型毎に生地を折りたたんで糊つけを行います。 ここで、約1m毎に折りたたみますので、1反につき12回折り返し、それを3〜4反つみ重ねて糊付台からおろします。
    • 匠の技生地の折り返しには相当の技術を要し、細かい柄ほど念入りに行わなければなりません。
  • 2)そそぎ染(壺人 - つぼんど -)

    注染(板場)
    • 板場で型置きされた生地を染め台の上に置き、生地の上から染料を注ぎ込んで染め、さらに生地を反転させ同じ方法で再度染めます。このように生地の表と裏から二度染色するのが「そそぎ染」最大の特長であります。この技法は、手作業を中心に長年にわたって培われてきました。
    • 匠の技職人達の優れた技術と感覚で、他の染色方法では味わう事のできない独特の色あい、微妙なタッチや立体感等が表現できます。
  • 3)水洗(浜 - はま -)

    注染(板場)
    • 染め終わりますと、型置きの時の糊と上かぶりした余分な染料を充分に洗い落とします。 この作業に携わる職人を浜方(はまかた)といいます。
  • 4)乾燥(立干し - たてほし -)

    注染(板場)
    • 充分水洗いの終わった生地を遠心分離機によって完全に脱水し、天日乾燥や室内の乾燥設備で立干しします。
    • 乾燥(立干し)

一枚一枚丁寧に手染め

一枚一枚丁寧に、いくつもの工程を何段階も踏み、熟練した職人の手によって作り上げられる手ぬぐい。伝統的な型染め『注染』の工程を動画でご覧ください。※JIKANSTYLEは、宮本株式会社の運営サイトです

SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

JADMA(公益社団法人日本通信販売協会会員)

NUNOいろはを運営する日本テレシステム株式会社は、公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)の正会員です。