宮本 気音間(kenema)<手ぬぐい> 侠客の骨(きょうかくのほね) 51287のご購入はNUNOいろはへ。代金引換対応!

日本手ぬぐい屋 けねま手拭い(てぬぐい) スカル柄

宮本 気音間(kenema)<手ぬぐい> 侠客の骨(きょうかくのほね) 51287

お問い合わせ番号NNO046524

JAN:4905736512871

宮本 気音間(kenema)<手ぬぐい> 侠客の骨(きょうかくのほね) 51287

 

  • 拡大表示宮本 気音間(kenema)<手ぬぐい> 侠客の骨(きょうかくのほね) 51287

伝統的な怪談をコミカルに表現した髑髏(どくろ)シリーズ。

強きを挫き、弱気を助ける、男気を誇りに死してなお渡世人の性。

代引対応商品

販売価格:\1,296税込

ご注文数

製品仕様
サイズ  : 360mm×900mm
素材   : 綿100%
生地   : 無蛍光晒し特岡
備考   : 日本製、注染

この商品について問い合わせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品特長を表示

手拭いの使い方手拭いの使い方

手ぬぐいはこんなにも便利

  • 手ぬぐいの使い方 その1 - お手拭き -

    手拭いの使い方(おてふき)
    • まずは、其の名前がさすように、ハンカチのように手を拭いてみましょう。手拭いは使って育つもの。注染の手拭いは使い込めば込むほど色落ちと風合いが増していきます。洋服で例えるならビンテージジーンズ。また、手拭いは、目の細かい特岡という晒し生地に染めています。特岡の生地は、使うにつれビロードの様ななめらかな肌触りになります。
  • 手ぬぐいの使い方 その2 - 目隠しに -

    手拭いの使い方(めかくし)
    • そして、おすすめなのが、目隠し兼ホコリよけとして使う事。色鮮やかな手拭いで、彩りも添えれて一石二鳥。パソコンのモニターとキーボードをすっぽり覆い隠せば、目隠し兼ホコリよけそして、インテリアディスプレイにもなります。手軽に模様替えができるのもうれしい。
  • 手ぬぐいの使い方 その3 - 日よけや防寒に -

    手拭いの使い方(日よけや防寒に)
    • 薄くてかさばらず、何かと便利な手拭いを一枚、もう一枚と鞄やポケットに突っ込んで常備すれば、ふとしたときにさっと取り出して使えます。例えば、寒くなったら首に巻いて、暑い時にはバンダナ代わり、ベルト穴に通せばごわつかないタオルと違って作業もラクラク。
  • 手ぬぐいの使い方 その4 - 包む -

    手拭いの使い方(手ぬぐいで包む)
    • お弁当を包む。ラッピング用として手拭いで包む。水滴よけにペットボトルを包む。色鮮やかな手拭いは彩りも豊か。また、端を縫っていない手拭いは、タオルと違い、乾きが早く、雑菌がたまることもないため、清潔に長く使えます。昔から伝わる知恵をこの機会にお試しください。
  • 手ぬぐいの使い方 その5 - 飾る -

    手拭いの使い方(手ぬぐいで包む)

手ぬぐいの使い方の基本

タオルご挨拶包むバンダナカバー拭く敷く飾る

手ぬぐいを使ったボトルの包み方

手ぬぐいを使ったボトルの包み方手ぬぐいを使ったボトルの包み方手ぬぐいを使ったボトルの包み方手ぬぐいを使ったボトルの包み方手ぬぐいを使ったボトルの包み方出来上がり

手ぬぐいを使ったティッシュボックスの包み方

ティッシュボックスの包み方ティッシュボックスの包み方ティッシュボックスの包み方ティッシュボックスの包み方ティッシュボックスの包み方出来上がり

その他の包み方

手ぬぐいの使用例

  • 取り皿のホコリよけとして

    取り皿のホコリよけとして。

    季節ごとに柄を変え、食卓を華やかに演出しましょう。

  • 粋なテーブルマットとして。

    粋なテーブルマットとして。

    桜を見ながら晩酌。お祝い事や急なお客様に大変便利です。

  • お店のディスプレイに。

    お店のディスプレイに。

    ワインボトルをふき取るには、清潔な手ぬぐいが一番です。

  • ハロウィンのお菓子配りに。

    ハロウィンのお菓子配りに。

    ハロウィン柄のかわいい手ぬぐいがお出迎え。子供たちも大喜び!

  • 遠足のお弁当包みに。

    遠足のお弁当包みに。

    おしゃれな手ぬぐい柄でお弁当タイムが楽しくなります。

  • 額に入れてお花見気分

    額に入れてお花見気分

    手ぬぐい額に入れて季節ごとに模様替えをしましょう。

  • 男性の部屋にぴったり

    男性の部屋にぴったり

    人気のスカル柄は、男性の部屋やお店をかっこよく演出します。

  • 包装紙代わりに。

    包装紙代わりに。

    手ぬぐいがあれば、一味違った品のあるラッピングができます。

  • 誕生日プレゼントに。

    誕生日プレゼントに。

    季節、行事から誕生日の月に合った手ぬぐいを選んでラッピング。

  • 見せる手ぬぐい。

    見せる手ぬぐい。

    お気に入りの手ぬぐいを使ってインテリアをコーディネイト。

商品特長を表示

手拭いの使い方手拭いの使い方

注染・和晒とは

注染、和晒とは

注染は、特殊な糊で防染した生地に染料を注ぎ込み、模様部分にだけ必要な色染めをする型染めです。 伝統的な技術に基づいて、手加工で手ぬぐい・ゆかた・ふきん等の製品が生産されています。片方しか色がのらないプリントと違って糸自体を染めるので、表裏がないのが最大の特徴です。一度に複数の色を染められ、色と色が混じりあう独特の色合い、絶妙なタッチや立体感が表現できるのも特徴のひとつです。 和晒とは、元々は綿布を灰汁で煮沸し、白で不純物を除去し、水洗い・天日干しを繰り返して漂白する染色前の工程のことをいいます。

注染は手作業中心で、気温や湿度、一瞬のタイミングに仕上がりが左右されやすく、にじみやムラ等が出やすい技法です。注染特有の味わいとしてお楽しみください。

注染の歴史

注染の歴史

明治時代(1868〜1911年)を迎えると、人工染料の輸入が盛んになり、手拭染めも一色染めから多色染めに移行し、図柄も次第に複雑化され、糊料(こりょう)の改良や伊勢形紙が使用されるようになりました。大正後半から昭和初期(1923〜1940年)にかけて、旧来の染料を浸透させる方式から、電動コンプレッサーを利用した染料の吸入方式が開発され、手拭全面(約90cm)にわたる大柄が簡単に染められるようになりました。

染色工程

  • 1)型置(板場 - いたば -)

    注染(板場)
    • 晒上りの生地を糊付台の上に敷き、伊勢形式を謄写版のように生地の上にのせて、上からヘラで防染糊をつけ、一型毎に生地を折りたたんで糊つけを行います。 ここで、約1m毎に折りたたみますので、1反につき12回折り返し、それを3〜4反つみ重ねて糊付台からおろします。
    • 匠の技生地の折り返しには相当の技術を要し、細かい柄ほど念入りに行わなければなりません。
  • 2)そそぎ染(壺人 - つぼんど -)

    注染(板場)
    • 板場で型置きされた生地を染め台の上に置き、生地の上から染料を注ぎ込んで染め、さらに生地を反転させ同じ方法で再度染めます。このように生地の表と裏から二度染色するのが「そそぎ染」最大の特長であります。この技法は、手作業を中心に長年にわたって培われてきました。
    • 匠の技職人達の優れた技術と感覚で、他の染色方法では味わう事のできない独特の色あい、微妙なタッチや立体感等が表現できます。
  • 3)水洗(浜 - はま -)

    注染(板場)
    • 染め終わりますと、型置きの時の糊と上かぶりした余分な染料を充分に洗い落とします。 この作業に携わる職人を浜方(はまかた)といいます。
  • 4)乾燥(立干し - たてほし -)

    注染(板場)
    • 充分水洗いの終わった生地を遠心分離機によって完全に脱水し、天日乾燥や室内の乾燥設備で立干しします。
    • 乾燥(立干し)

一枚一枚丁寧に手染め

一枚一枚丁寧に、いくつもの工程を何段階も踏み、熟練した職人の手によって作り上げられる手ぬぐい。伝統的な型染め『注染』の工程を動画でご覧ください。※JIKANSTYLEは、宮本株式会社の運営サイトです

商品特長を表示

手拭いの使い方手拭いの使い方

手拭いのお手入れ

  • 手拭いはビンテージジーンズ

    手拭いの使い方
    • 注染本染めの手拭いは、洋服に例えるならビンテージジーンズ。使い込む程の色落ちと風合い、馴染む柔らかさが特徴です。大切に愛でてあげましょう。
  • 注染手拭いは色落ちするもの

    手拭いの使い方
    • 使い始めて2〜3回は他の洗濯物と分け、ぬるま湯でジャブジャブと手洗いしましょう。かるく絞ってシワを伸ばしながら陰干ししましょう。
  • 手拭いの端は切りっぱなし

    日よけや防寒に
    • 手拭いの端は切りっぱなしなので雑菌がたまり難く、乾きやすいという利点があります。使う度に徐々にほつれてきますので、余分な糸をカットしましょう。フリンジ状になり止ります。

手拭いを使った雑貨のお手入れ

擦らずたたく

手ぬぐいで包む

汚れた場合は軽くぬらした生地で、擦らずたたいて汚れをとりましょう。汗や雨で湿った場合ぬれたままで放置すると、色泣きしたり色移りします。さっと手早くふき取りましょう。摩擦により他のものに色移りしますので、淡・白色のものとのご使用はお避けください。お洗濯の際はネットに入れて脱水はゆるめに。漂白剤や漂白入りの洗剤は使用しないでください。濡れたまま放置せず、脱水後はすぐに形を整えて干しましょう。乾燥機は使わず、自然乾燥で。

SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

JADMA(公益社団法人日本通信販売協会会員)

NUNOいろはを運営する日本テレシステム株式会社は、公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)の正会員です。